森下リョウの「クリエイター活動楽屋裏」

web制作、音楽などの活動近況から、日常ネタまで広く綴ります。


"シューティング☆スター" posts

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


10
Category: シューティング☆スター   Tags: ---

コンピCD収録のお知らせ

しばらくぶりの更新になります。
ようやく情報の方が解禁になりましたので、お知らせいたします。

5月14日発売予定の猫村いろはコンピアルバム「いろはぁと」に
森下リョウ作品の「シューティング☆スター」が収録されます!!

http://vocaloid.blog120.fc2.com/blog-entry-15064.html

しかもトップバッターですよ!!
今までの良くない流れのこともあったので、このことには正直驚きました。

おそらく、公募期間に応援ご支援してくださった皆さんの声が届いたのも
あるのかなーと思ってます。


以上、告知でした!

スポンサーサイト


26
Category: シューティング☆スター   Tags: ---

シューティング☆スター制作話 その2

予告どおり、企画的な部分にふれたいと思います。

まず楽曲のジャンル方向性について~。
いろはの作品って、ロックや和風・民族系の曲が結構多いんですけど、
ポップス系の作品が圧倒的に少ないな~と日頃感じてまして、
自分自身、そういう曲調のいろは曲ももっと聴きたいな~と思っていたので、作ってみようかっことで。
ジャンル的には、キャンディポップとテクノポップの中間みたいな感じかな?
とにかく「ポップかつキャッチー」という部分は、徹底してこだわりました。
まあ、ニコニコで好まれ支持される作風はかなり特殊なので、それがニコウケに繋がるかどうかは
全く話は別ですし、そういう意味では趣味全開って感じでしたけど。

歌詞に関しては、恋に悩む年頃の女の子らしさを意識しつつ書いたんですが、
今、自分で読み返してみても、まさにカフェラテのように甘い歌詞ですね(笑)
こういう女の子チックな歌詞は、ボカロ始めたての頃からずっとやってみたかったんですけど、
それが今回ようやく実現した形です。
でも、僕が書いたとかってなると、なんか色眼鏡で見られたりしそうなので、
作詞者名変えようかなとも思ったんですけど、結局シークレットにはしないで、そのまま出しました(笑)

そして最後は調声。幸い鴇色の歌姫には及ばないものの、中々評判のいい調声ですが、
僕的には、まだまだ上を目指せるので、日々精進したい思いです。

確かにボカロ曲の調声としては、申し分ないレベルにあると自負はしてるんですけど、
J-POPや既存の曲の中に混ざっても、違和感なく溶け込んで、気軽に聴けるボカロ曲を
作ることが今の僕のテーマなので、制作中もリアル歌手のそれと聞き比べて遜色ないレベルに
近づけるかどうかって基準で、調整していました。その意味では、まだまだかなって思うんです。

今回の調声のテーマはズバリ、「猫村いろはをどこまで可愛く歌わせられるか」でした。
そのため、前作で多用したビブラートの表現は最小限に抑え、代わりにフレーズの終わりを
しゃくり上げて、あどけなさを演出してみたり。色々と工夫しました。

ただ難点だったのが、いろはって普通に歌わせると、どうしても力強くて凛々しいイメージの
歌唱になってしまうので、その辺をいかに上手く和らげるかということでした。

この辺は、上手くいったと思うんですけど、デフォルトのいろは本来の凛々しい歌声を
生かす方向の調声ではなかったということや、「可愛らしさを強調する」方向性だったためか、
実際テクニック的には、鴇色の歌姫よりも高度なことをやっていても、調声周りでいまひとつ話題を
呼ぶことが出来なかったのは、この辺が原因なのかなと思ってます。

結論として、いろは本来の声質を生かしきる方向性を保ちつつ、その上で可愛らしくが、ベストなのかなって
思ったので、今後は、鴇色の歌姫の路線をベースに、シューティング☆スターで培ったテクニックも
生かして行く方向で新曲を今、練っていたりします。



次回は、今後の活動について書こうと思います。


24
Category: シューティング☆スター   Tags: ---

シューティング☆スター制作話 その1

さて、いろは祭も終わって新曲関連の更新も一旦落ち着いたところで、
いつものようにダラダラと制作話でも書きたいと思います。

正直言いまして、今回の曲は極めて難産でした。
特にミックスはなかなかイメージどおりにいかなくて、相当な時間を費やしました。
鴇色の歌姫と比較しても、5倍以上は手間掛かってるんじゃないでしょうか。

それまでに、最もミックスに苦労した曲がディスタンスだったんですけど、
あの時も、色んな種類の音が複雑に混ざり合ったアレンジだったためか、
音同士がぶつかったり、打消しあったりで、相当苦労した記憶があります。
ただ今回の場合、トラック数50越えでしたけどね…


この辺の話は、また後日詳しく日記に書くことにしまして、作品完成までの経緯でも…。


本格的に曲に取り掛かり始めたのは、7月頃から。
平日は殆ど時間が取れないため、土日祝日と夏休みなどを利用して、
歌と曲を仕上げていった感じですね。

暫くして、歌詞と曲が一旦形になったため、動画制作に入ろうと思って、
以前から、近いうちにコラボしたいと打ち明けていた方に打診したのですが、
多忙なため、良い返事は貰えなくて、理想郷の時と同じくダメもとで、
ツイッターで呟いてみたところ、日向さんが立候補して下さいまして。

僕の中では意外だったんですが、以前から彼女の描くイラストに興味があったのと、
同人的な部分で場数も踏まれている方なので、比較的スムーズにコラボを進めることが
出来ると思ったので、その場で彼女決めてお願いしました。

コラボ前の計画としては、僕がある程度リードして、それに準じて制作という、
スタンスで考えていたんですが、彼女とやりとりしてるうちに、お任せしてしまった
ほうが面白い作品になるんじゃないだろうかってことで、全権を委ねることにしました(笑)
おそらく、相当大変だったんじゃないかなとも思いますけど。

その後は、音源を仕上げることに集中しまして、仕事で多忙な合間を縫って
せこせこやってました。で、今のテイクが完成したのが、20日の朝。つまり殆どギリギリまで
やってました。この日は、最終的な仕上げのため徹夜をしましたが、
途中感覚が麻痺しちゃって、何聴いても同じにしか聴こえなくなったり、
何度も意識が遠のきながらもやってましたね(笑)

まあ、そんな経緯を経まして、無事公開することができました新曲「シューティング☆スター」を改めて、応援よろしくお願いいたします!マイリスしてくれてもいいのよ?



次回は、作品の企画的な部分をクローズアップしたいと思います。



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。